アジサイの花

TODAY‘S FLOWER アジサイ

花言葉は、「元気な女性」「家族の結びつき」「一家団らん」

土の酸性度によって様々な色に変わることから、「七変化」という別名をもつアジサイ。藍で染めたような色が集まって咲くことから、「集真藍(アヅサイ)」が語源と云われています。

アジサイを楽しむ

季節の実ものを絡めて、こんもりキュートな花合わせ
瑞々しい実がたくさん出揃う今の季節、アジサイにも実ものがよく合います。たわわに実ったイタリアンベリーの実を垂らすように挿し、ハート型の葉を見せながら蔓をアジサイに絡めて、キュートに。

存在感たっぷりのアジサイは、個性派グリーンと相性良し
一輪で華やかなアジサイは、季節の枝葉とのシンプルな合わせ方がおすすめ。形や動きに個性のあるものが相性◎です。剣山を使って立てるアレンジは、ボリュームのあるアジサイを足元に挿すとバランスが良くなります。

水に浮かべて涼しげに初夏に、ぴったりのアレンジ
切って、浮かべる飾り方。ふんわりとしたアジサイが花留めとなり、華奢なグリーンも挿しやすくなって簡単です。ポイントは水面が見えるようボリュームを調整すること。切った花を数輪浮かべるとより涼しげです。

より長く、美しく楽しむひと手間

茎の長さを決めます

飾る花瓶の高さに合わせて、茎をカットする位置を決めましょう。花瓶の高さの1.2倍程度を目安にすると、まとまりが良くなります。

茎を斜めにカット

清潔な花バサミやフラワーナイフを使って茎をカットします。アジサイは水が好きな花なので、吸水面積を大きくするため斜めに切りましょう。

吸水面積はなるべく大きく

カットした茎の断面はなるべく広くなるように鋭角に。フラワーナイフを使うとより鋭角にカットできます。

花瓶の水はたっぷり深水で

常にたっぷりの深水をキープするようにしましょう。花に栄養を与え、水を清潔に保つフレッシュフラワーフード(切花鮮度保持剤)を使いましょう。

ニュース

6月は各店でアジサイフェア開催

青山フラワーマーケット各店で、6月にアジサイフェアを開催します。東京・大島産の素朴なアジサイをはじめ、様々な品種を取り揃えてアジサイの魅力をご紹介します。

6/1(木)~ 4(日)池袋西武店
6/5(月)~11(日)渋谷東急東横店、エキュート品川店

※その他店舗の実施日については各店にお問い合わせください

関連リンク

おすすめコンテンツ

  • For Daily 自宅に飾る、旬の花
    For Daily 自宅に飾る、旬の花
  • FlowerVase とっておきの花瓶
    FlowerVase とっておきの花瓶
  • TODAY'S FLOWER「マム」
    TODAY'S FLOWER「マム」
  • 花束のオーダー方法
    花束のオーダー方法