2018年 クリスマスギフト特集

MIAMI BREEZE Vol.2

フラワーバケーションの合言葉は、「花で旅気分を味わおう」。今夏の旅先のマイアミは、砂浜やヤシの木、 ビーチ、暖かい日差しなど、トロピカルな気分を楽しめるリゾート地です。ほてった体を冷ます、シエスタのティータイムにぴったりのアレンジをご紹介します。


レシピ

Flower/リシアンサス“ハピネスピンクチーク”、ビバーナムコンパクタ、ミント、利休草、ブラックベリー
Vase/[Henry Dean]Stromboli S chicory 税込4,320円



ラフにいけて、ナチュラルな動きを

まず、ビバーナムコンパクタとミント3本を四方からベースに入れ、土台をつくります。それぞれの茎の間に残りの花材を入れるといけやすく、安定感も◎。ビバーナムは赤く色づいたものもありますが、爽やかなライトグリーンをチョイスしました。ミントの長さはそろえず、軽やかな動きを出します。

今回はシルエットの左側にボリュームを持たせて飾ってみましょう。メインの花はリシアンサス。花もちバツグンなので暑い夏にもおすすめです。利休草3本と長く切ったリシアンサス1本を、ベースの左側から、ビバーナムコンパクタの手前に入れます。利休草は角度や向きを整えフチから流れ出るような動きをつけて。2本目のリシアンサスは右側から、3本目は真ん中から入れます。3本の長さも少しずつ変えましょう。

よく熟れた赤いブラックベリーを、高低差をつけたリシアンサスの間に挿し込めば、瑞々しいアクセントになります。実がたくさんついている場合は、少しつまんで近くに転がしてもお洒落。



高低差と左バランスの取り方が上級者見えのテクニック。南国の海のように美しく透き通るDEAN FLOWERSのフラワーベースは、作りこまずラフにいけても様になるのが魅力です。リゾートで過ごす心地よいひと時を、ご自宅でもどうぞ!

HENRY DEANのベース特集はこちら

おすすめコンテンツ

  • For Daily 自宅に飾る、旬の花
    For Daily 自宅に飾る、旬の花
  • FlowerVase とっておきの花瓶
    FlowerVase とっておきの花瓶
  • YOUTUBE・動画
    青山フラワーマーケットのYouTube公式チャンネル
  • 商品・サービスについて
    商品・サービスについて