2018年 敬老の日ギフト特集


MIAMI BREEZE Vol.1

フラワーバケーションの合言葉は、「花で旅気分を味わおう」。今夏の旅先のマイアミは、砂浜やヤシの木、ビーチ、暖かい日差しなど、トロピカルな気分を楽しめるリゾート地です。DEAN FLOWERSの涼しげなフラワーベースにアプリコットピンクの花々をあしらった、マイアミの風を感じるアレンジをご紹介します。


レシピ

Flower/アンスリウム“ザビア”、クルクマ(手前から)“キャンディケーン”“紫苑”、トケイソウ
Vase/[Henry Dean](左から)Square S mercury 税込5,292円、Grass S mercury 税込3,564円、Grass S lanai 税込3,564円



シンプルで魅せる、夏の花

くるんと巻いた蔓が特徴のトケイソウ。根元を丸めてベースに入れます。フチから少し顔を出す輪がベースの口元をほどよく埋め、流した先端はシンプルなあしらいのアクセントに。
トケイソウの別名は「パッションフラワー」。「パッションフルーツ」に名前が似ていると思ったら、なんと品種違いの仲間でした。切花として出回るのは観賞用品種のみですが、トロピカルなあしらいにはぴったりのグリーンです。

彩りに使うのは、東南アジア原産のクルクマ。現地では庭に植えられているほど暑さに強く、花もちも◎。ウコンの仲間でジンジャーの一種という、見た目も属性もちょっと変わった夏の花です。すべて同じ色にせず濃い色を1本を混ぜると色ボケしません。薄い色2本は同じ方向、濃い色の1本はその反対に向け、バランスをとりながら斜めにいけます。お互いの茎やベースの角をストッパーのように使うのがポイント。少しずつ長さを変えるのが、自然に魅せるコツです。



メインのベースいけに添えるのは、流れるような茎のラインが美しい、アンスリウムの一輪挿し。ベースのカーブに合わせ、長い茎をやさしくしならせました。シンプルながら、空間を大胆に使った大人のアレンジです。

HENRY DEANのベース特集はこちら

おすすめコンテンツ

  • For Daily 自宅に飾る、旬の花
    For Daily 自宅に飾る、旬の花
  • FlowerVase とっておきの花瓶
    FlowerVase とっておきの花瓶
  • TODAY'S FLOWER「ラン」
    TODAY'S FLOWER「ラン」
  • 花束のオーダー方法
    花束のオーダー方法