2018年 敬老の日ギフト特集

スタッフも愛用の「花ばさみ」で、花をより長く楽しみましょう

TODAY'S FLOWER Orchid

よく聞かれるのが、「どうしたら花をより長く楽しめますか?」という質問。 その茎、普通のはさみで切っていませんか?実は花ばさみを使うだけで も、花もちはぐんっと良くなるのです。

花もちを左右する「切れ味」

花ばさみと普通のはさみの大きな違いは「刃」にあります。花もちをよくするコツは、綺麗な水をたくさん吸わせてあげること。紙切ばさみのように厚い刃で切ると、茎の中の導管がつぶれ水の吸い上げが悪くなります。
花ばさみは、茎にかかる圧を最小限に抑えてスパッと切れるよう、刃が薄く作られているのです。

老舗メーカーへの特注品

ナイフのメリット

(写真提供:株式会社 坂源)

私たちは園芸用はさみの老舗メーカー「坂源」さんに、特注での製造をお願いしました。確かな技術と品質へのプライドで、プロからの信頼も厚い坂源さん。明治36年の創業以来、金物の町として知られる新潟県三条市で、100年以上はさみを作り続けています。「はさみの質は純度の高い素材と仕上げの技術で決まります。熟練した職人にしか任せられないんです」と語る4代目坂井社長。刃の仕上げに携われるのはわずか3~4人の職人さんだけだそうです。

開閉時は指の位置に注意

「いちばんこだわったのは持ったときの軽さ。白い刃にしたのはテーブルの上でも目立つようにするためです。」花屋のスタッフは毎日はさみを使います。長時間使っても苦にならないボディ、握りやすく工夫されたグリップ、フッ素樹脂加工を施した錆びにくい刃、と完璧に条件を満たしているのがこの花ばさみなのです。

花ばさみの握り方

刃と親指は平行に

普通のはさみとの違いのひとつは、グリップにつけられた窪み。グリップの外にいちばん力の強い人差し指を添えると、支点が安定して力が加えやすくなります。窪みに人差し指をかけてグリップを握りましょう。この大きなグリップも花ばさみの特徴。手をめいっぱい開けるので枝ものなど固いものも楽に切れます。

ポイントは刃の位置と使い方

「茎を動かす」ことがコツ

刃の中心~奥で茎を挟み、手首をひねるようにスパッと切ります。切り口はまっすぐではなく、斜めに。切り分けたり小さな葉を落とす時は刃の先端を使い、固い枝を切る時は刃の奥で挟むと力が入れやすくなります。

たかがはさみ、されどはさみ、普通のはさみと切り比べればその実力がわかるはず。手で感じる「スパッ」の感覚が、花を長もちさせる秘訣です。職人の技術光る一丁で、花の一生を、もっと長くもっと美しく。

オンラインショップで購入

おすすめコンテンツ

  • For Daily 自宅に飾る、旬の花
    For Daily 自宅に飾る、旬の花
  • FlowerVase とっておきの花瓶
    FlowerVase とっておきの花瓶
  • TODAY'S FLOWER「ラン」
    TODAY'S FLOWER「ラン」
  • 花束のオーダー方法
    花束のオーダー方法