コラムロゴ

column51_title.jpg

TODAY'S FLOWER リシアンサス

花言葉は、「優美」「希望」「思いやり」

花の中でも群を抜く品種数を誇るリシアンサス。野生種が日本に持ち込まれた1930年代当初は一重咲きの紫色のみでしたが、日本の育種技術により多くの品種が生み出され、花色も咲き方も多彩に進化中です。リシアンサスはどの品種も日保ちがよく、夏でも1週間以上楽しめます。

リシアンサスを楽しむ

グリーンだけで爽やかに、目にも涼しい夏アレンジ
使う色をグリーンだけに絞った爽やかな花合わせ。同じ色でも濃淡をつけて楽しむことができるのは、色が豊富なリシアンサスならでは。ガラスベースの底にフルーツを沈めて、涼しげな雰囲気倍増です。

リシアンサス1本でも、こんなに華やかに!
丸い花瓶には、花もラウンド型を意識して挿すとバランスが良くなります。リシアンサスは短く切り揃え、葉も切り分けて花と花の間に。アクセントにスモークグラスを飛び出させるのがポイントです。

高さの違う器を2つ並べて、ちょっと上級者の雰囲気
それぞれの花瓶に花を一種類ずつ入れる簡単なアレンジですが、色を揃えて統一感を出すのがポイント。背が高い花瓶には、クレマチスのように垂れ下がるラインを合わせると表情ゆたかになります。

より長く、美しく楽しむひと手間

リシアンサスの基本

リシアンサスは1本で4〜5輪の花を楽しめる豪華さが魅力。枝分かれした花は切り分けて飾りますが、慣れていないとどこで切ればいいか迷ってしまいますよね。コツは“長・中・短”の3種類に分けること。基本の切り分け方&飾り方をレクチャーします。

リシアンサスの飾り方(長いもの)

長く残した部分は、枝と合わせて高さのあるアレンジを楽しみましょう。口の狭い花瓶やボトルがおすすめ。背の高い花や枝を挿すだけで飾りやすくなります。

リシアンサスの飾り方(中くらいのもの)

一輪挿しには、枝分かれした茎が細い部分を合わせます。しなやかなラインが美しい利休草など、長さのあるグリーンを合わせて表情に変化をつけましょう。

リシアンサスの飾り方(短いもの)

短く切ったものは、背の低い花瓶やカップなどに。花は思い切って短くカットし、縁に頭を乗せるようにして入れます。季節のハーブを脇に差し込みアクセントに。

めくるめくリシアンサスの世界


NFラベンダー

NFとは「中曽根系フリンジ」の略で、中曽根健さん開発のフリンジ咲き品種のこと。淡いパープルは夏にぴったり。

NF リローラ

中曽根健さん開発の新品種!今年から出回り始めます。深みのあるパープルは大人っぽいアレンジに。

NFマンゴー

可愛くも大人っぽくもできる上品なオレンジは、ありそうでなかった万能色。開発者・中曽根さんもお気に入り!

アンバーダブルモヒート

蛍光色のような発色の良いライムグリーン。個人育種家・佐瀬昇さん開発のシリーズで独特の色と光沢が特長。

NF アンティークピンク

一足先に秋を感じられるブラウンがかったアンティークカラーは、大人っぽいアレンジに。存在感たっぷりの大輪。

小夏プリンセス

軽やかなフリンジの花びらと、透明感のある淡いピンク色が涼やか。小輪タイプでどんな花瓶にも飾りやすい。

小夏ルージュ

かわいらしいアプリコットカラー。小輪ですが1本を短く切り分けて飾ればボリュームたっぷりに仕上がります。

アンバーダブルパープル

琥珀(アンバー)を思わせる光沢感のある花びらが特長の「アンバーダブル」シリーズ。渋いメタリックパープルは他の花にはない色。

セシルピンク

ゴージャスな八重咲きが主流の今、一重咲きは生産数が少なく希少品種です。淡いピンク色が涼しげな雰囲気。

ハイド

珍しい咲き方のリシアンサス。風を受けているような躍動感のある花びらと、ダークパープルが大人っぽい雰囲気。

NFシュガーホワイト

まぶしいほどの純白が美しい大輪。フリルの花びらが幾重にも重なるフリンジ八重咲きで、ゴージャスな雰囲気。

ブルーフィズ

原種のイメージに近い一重咲きの紫系は、凛とした風情が魅力。細くしなやかな茎を見せて飾りましょう。

NEWS

リシアンサスを一輪仕立てで
中曽根健さんの「リジー」販売


青山フラワーマーケット各店に、特集でご紹介した中曽根健さんの一輪仕立てのリシアンサス「リジー」(1本350円〜)が入荷します。一本が高価で敬遠していた方も、リシアンサスの魅力を気軽にお楽しみください。

※各店舗の入荷日についてはご利用の店舗にお問い合わせください。
インスタグラムフォトコンテスト

青山フラワーマーケットの公式インスタグラムで「リシアンサス フォトコンテスト」を開催します。リシアンサスを飾って写真を撮ったら、「#青山フラワーマーケット #リシアンサス」のハッシュタグを付けて投稿してください。入賞作品には季節の花をプレゼント!

[募集期間] 2017/7/12 〜7/26

詳しくはこちら>>

関連リンク

ページトップへ戻る