タイトル画像
チューリップはカラフルなのはもちろんのこと、咲き方もいろいろ楽しめます。毎年増える新種にも目が離せません!同じ種類を一度に沢山飾っても、違う種類を組み合わせても、はたまた1輪でも、それぞれ違う表情を見せてくれるチューリップ。あなたのお気に入り探してみませんか?
Check
名前 : チューリップ
学名 : Tulipa
和名 : 鬱金香(うこんこう)
種類 : ユリ科チューリップ属 球根植物
時期 : 3月下旬〜5月
原産地 : トルコ
名前の由来 :

Tulipa(トゥーリパ)はトルコでターバンを意味する「ツルバン」からきています。

ユリ科チューリップ属の球根植物。オランダのチューリップ畑が有名ですが、実はトルコから中央アジアにかけてが原産と言われています。なかでもトルコはチューリップを国花にしているほど。種類は、毎年増えて約8000種類以上あるといわれています。

「博愛」 「思いやり」 「名声」 「恋の宣言」
赤:  愛の告白   紫:   不滅の愛
黄:  実らぬ恋   白:   失恋
ピンク:真実の愛   斑入り: 美しい目
チューリップにまつわるストーリー
昔、3人の騎士が一人の女性に一度にプロポーズしました。
3人の男性たちはそれぞれ「剣」強さ、「王冠」名声、「財産」資産を差し出し、アプローチしました。結婚するには魅力的なものばかりでしたが、心優しい女性は誰も選ぶことができず心を痛めた女性は困り果てた末、女神フローラにお願いしチューリップの花に姿を変えてもらいました。そして3人の騎士はそのチューリップを仲良く育てたそうです。

チューリップは大きく分けて5種類の咲き方に分けられます。

MomMomMom!_咲き方いろいろ_img1 MomMomMom!_咲き方いろいろ_img2 MomMomMom!_咲き方いろいろ_img3 MomMomMom!_咲き方いろいろ_img4 MomMomMom!_咲き方いろいろ_img5
一重咲き
八重咲き
フリンジ咲き
ユリ咲き
パロット咲き
花の形の多くは円筒形や卵形。満開を過ぎてしまっても花の形がくずれないのが特徴。
草丈が約50〜60cm。
厚みのある花びらが何枚も重なった八重。大輪の豪華な花を咲かせ、色も豊富。
草丈は約30〜40cm。
縁に細かな切れ込みが入って、ギザギザになっている個性的な花びら。
草丈は約40〜50cm。
花びらの先が長くとがっていて、ユリの花に似ている。外側に反り返った状態で咲くのが特徴。
草丈は約50〜60cm。
花びらが丸まっていて深く切れ込みが入った咲き方。オウムの羽のようにみえることから名付けられました。
草丈は約50〜60cm。
1.チューリップは葉と茎の間に水がたまり蒸れて腐りやすいので、水に浸かる部分はしっかりと葉を取ります。余分な葉ははさみで切るのがポイントです。
2.ベースに多めの水を入れて飾りましょう。フレッシュフラワーフード(切花鮮度保持剤)を一緒に使うと水がキレイに保たれるのでお花にGOOD。茎は活けた後も伸びるので、こまめに切りましょう。
1.新聞紙に茎が出るように巻き、茎は水の中でハサミやナイフで斜めに切りましょう。水を良く吸い上げるようになります。
2.きれいな水をベースに深めに入れて、水が上がるのを待ちましょう。1時間後くらいに新聞からとって花首が曲がらなければOK。
  • 初心者さんにぴったり
    〜一輪を素敵に活ける方法〜
    一輪挿しのベースを使い、チューリップとグリーンを活けてみましょう!
    グリーンに変化をつけて、八重咲きのチューリップをそっと一輪活けるだけで魅力的なアートにチェンジ。 ドラセナの葉を写真のように外丸めて根元をホッチキスでハの字に止めたら出来上がり。

    飾る場所はデスクや窓辺がおすすめ。
    茎は活けた後も伸びるので、こまめに切るとGOOD。
  • 好きなグリーンと合わせて飾ろう!
    〜色のコントラストを楽しむ方法〜
    花の色を楽しもうと思ったらグリーンと合わせるのが一番。グリーンの色一つとってもさまざまな色があるので飾りたいチューリップとの相性を考えて組み合わせましょう。
    濃い色のチューリップには明るいシルバーグリーンやライトグリーンがおすすめです。

    写真のようにこんもり飾るならダイニングに飾るのがおすすめです。
  • 茎のラインをいかして飾ろう!
    〜ユリ咲きのチューリップを楽しむ方法〜
    エレガントな咲き姿のユリ咲きは茎から花先までのキレイなラインが魅力です。
    茎をしっかり揃えて束ねてからベースに斜めに活けるとラインが出て素敵です。
    合わせるグリーンの個性がブレンドされてよりチューリップが素敵に!

    水をよく吸うので、こまめに水をたしましょう。エントランスにおすすめの活け方です。
  • 春の花をまとめてどっさり飾ろう!
    〜香りと色を楽しむ方法〜
    同じ種類のチューリップと春の花を合わせてどっさりたくさん活けてみましょう!
    八重咲きのチューリップを使えばボリュームも満点!
    チューリップは比較的香りの少ないお花なので、春の香りのある花と活ければ、色と香りを両方楽しめます。

    華やかな雰囲気の活け方なのでリビングにおすすめ。ベースの水は多めに。
    ※予算にベースは含んでおりません。
    ※予算はあくまでも目安となります。価格は時期や気候条件により変動する場合があります。
    ※花の取扱いは店舗により異なります。詳しくは店頭にてお問合わせください。
    ※こちらのベースの取扱いはオンラインショップのみとなります。
    オンラインショップ フラワーベース特集
    SHOPS ONLINE SHOP フラワースクール hana-kichi