CARE GOODS お花のケアアイテム ハサミ・ナイフ

CARE GOODS お花のケアアイテム ハサミ・ナイフ
花を咲かせるために必要不可欠なものは、清潔な水。そして、糖分。
花も生き物。毎日お手入れで、花もちも違ってきます。
より長く楽しむためには、フレッシュフラワーフード(切花鮮度保持剤)
が特におすすめ!雑菌の増殖も防ぎ、より清潔に美しく保てます。
この機会に、お手入れの基本を身につけ、花のある生活を楽しみましょう。

フレッシュフラワーフード(切花鮮度保持剤)の秘密

美しさが続く、花の栄養剤「フレッシュフラワーフード」。植物の成長を促すための糖分が入っているため、
真水で活けるよりも長い間、花の美しさを楽しむことができます。また、防腐剤が入っているので
バクテリアの繁殖を防ぎ、花びんの中の水を清潔に保ちます。研究を重ね、花を美しく咲かせるための
成分が配合されています。

1. 花がキレイにさく

同じ品種の花を、フレッシュフラワーフードを加えた水と水道水それぞれで比較した結果、咲き姿、花もちともに格段の違いが。葉も花びらも美しく、シャキっとした状態が続きました。これは植物の成長を促すための糖分が入っているためです。

2. 水をキレイに保つ

花が枯れる原因の1つは、茎の切り口の導管が詰まってしまうこと。その要因となるのがバクテリアです。水が白く濁ったり、花びんや茎がぬるぬるするのもバクテリアの仕業。 特に気温の高い夏は、バクテリアの繁殖が活発化してしまいます。

3. 導管を詰まらせない

花自体が健康でも、茎の切り口の導管が詰まると水を吸いあげることができず、すぐに萎れてしまいます。導管を詰まらせるバクテリアはもちろん、茎を切った際に染み出る樹液なども、切り口を塞いでしまったり、導管を詰まらせる原因になります。

使い方・注意事項

切花専用です。鉢花やグリーンには与えないでください。
記載の通りの分量で希釈しましょう!
糖が入っているので、多いと花にとってストレスに。FFFは薄めすぎても濃すぎても良い効果が得られません。記載されている割合で希釈してください。
水は水道水を使用しましょう。
植物は、アルカリ性の水溶液を受け付けないので、市販されているミネラルウォーターやアルカリイオン水は、植物にあげる水としては適していません。
ペットボトルでの希釈・保管は絶対にしない!
ペットボトルで希釈される方が多く、小さなお子様が誤飲してしまったというお問合せが非常に多発しています。ペットボトルでの希釈・保管は避け、希釈専用ピッチャーの使用をおすすめいたします。
【万が一誤飲してしまった場合は】
  1. できるだけ多くの牛乳を摂取する。なければできるだけ多くの水を摂取する。
  2. 原液を大量に飲んでしまった時は、病院へ行き、医師よりパレス化学(TEL:045-784-7245)へお電話ください。安全データシート(MSDS)を送信します。
直射日光や高温多湿を避けて保管してください。
目に入らないよう、十分にご注意ください。
主な成分:水、ブドウ糖、硝酸マグネシウム、防腐剤
製造元:パレス化学
フレッシュフラワーフード
918円(税込)

UP

花を楽しむ基礎知識〜少しでも長く楽しもう!〜

花を長く、美しい状態で楽しむには、毎日のお手入れが大切です。

茎の切り戻しをする

一番大切なのは、茎からしっかり
水を吸ってもらうこと。
切り口が乾燥していたり、バクテリアの繁殖した水で茎の表面がドロドロになっていると、花は水を吸い上げることができません。
水替えのタイミングで、茎を1〜2僂曚疋淵淵瓩縫ットしましょう!

水はいつもキレイに!

1〜2日に1回水を取り替え、
いつもキレイな水に保ちましょう。
ドロドロに濁ってしまうと、導管がつまり水を吸い上げることができません。
フレッシュフラワーフードを入れた水は、バクテリアの繁殖を防ぐ防腐剤が入っているので、水が濁りにくくなります。

飾る場所に注意!

快適な空間は、花も人間と同じです。
直射日光は避け、風通しの良いなるべく涼しい場所に飾りましょう。
また、エアコンなどの風が直接あたる場所は避けましょう。

メンテナンスしてあげよう

水に浸かる部分に葉が残っていると腐って水が汚れ、バクテリアの発生につながります。
キレイな葉を残し、余分な葉を取り除きましょう。
また、枯れた花や葉は、エチレンガスを発生させ、他の花の劣化の原因となります。すぐに取り除きましょう。

UP

注意
※青山フラワーマーケットでは、切り花やギフトブーケなどをご購入されたお客様に、フレッシュフラワーフード10mlをお一つ無料でお渡ししています。ぜひ、お試しください。
ご利用の際の注意点

お水は水道水を!

市販されているミネラルウォーターやアルカリイオン水は、植物の生育には不向きなので、パッケージに記載されている割合で水道水を希釈し使用してください。

ペットボトルへの移し替えはしないでください

小さなお子様が誤飲してしまう危険がありますので、ペットボトルへの移し替えは絶対に行わないでください。

UP