コラムロゴ

フレッシュフラワーリースの作り方

フレッシュなグリーンをたっぷり使ったリースは、森の中のようなさわやかな香りが最大の魅力。枠や吸水性スポンジなどの土台を使わずに、ヒムロ杉でリースを作ってみましょう。実やドライのフルーツなどを飾ればオリジナルのリースになります。ぜひチャレンジしてみてください。

フレッシュフラワーリースの作り方

【用意するもの】(※直径30〜35cmのリースができあがります)
ヒムロ杉 70cm程度を4本
コニファー 1本
丸葉ユーカリ 3枝
フラワーアレンジ用のコイルワイヤー(26番か28番)適量(※)
花ばさみ
(※)ここではコイルワイヤーを切らずに使っていますが通常のワイヤーの場合は半分(約15cm)に切って使ってください。

フレッシュフラワーリースの作り方

【枝やグリーンを切り分けます】
,泙困魯蝓璽垢療畋罎箸覆襯劵爛躾を切り分けます。△△箸捻澤舛砲靴笋垢い茲Ψい部分は切り落とし、なるべく長めに切り分けます。ポイントに挿すコニファー、ご殕侫罅璽リも適度な長さに切り分けておきましょう。

フレッシュフラワーリースの作り方

【重ねながらつなげて1本にします】
ダ擇衒けたヒムロ杉を、1本になるように少しずつずらしながら重ねます。
ι宗瞥佞内側を向いている側)を上にし、重なった部分をワイヤーで巻いていきます。
Щ泙鬚燭錣泙擦謄ーブさせながらやると、後の工程でリース状にしやすくなります。つなぎ目にワイヤーを巻き、ところどころ好みの場所にコニファーを挿しましょう。厚みが均一になるように形を整えて、円形にしたら始めのワイヤーと最後のワイヤーをねじって留めます。
┘罅璽リをアクセントになる場所に差し込んでワイヤーで固定します。

[Point!] ドライになると細くなってくるので、ワイヤーはしっかりきつめに巻きましょう。
ユーカリのほか、実などをプラスしてもOK。

フレッシュフラワーリースの作り方

玄関に飾ると1日のはじまりと終わりにパワーをもらえます。ドライへと変化していく様子を含め、長く楽しめますが、ときどき霧吹きで水をかけたり、水をはったバケツなどに浸すとフレッシュな状態を比較的長めに楽しめます。

長く楽しむために

ページトップへ戻る