コラムロゴ

トリック・オア・フラワー!

すっかり日本にも定着した秋のイベント「ハロウィン」。カボチャや秋の実物を使った、おうちでも簡単にできるあしらいを紹介します。自宅にいながらハロウィンを楽しみましょう。

column62_titleimg1.jpg

レシピ

column62_img1.jpg

●今回用意した花材
・アジサイ(小ぶりなもの) 1本
・ビバーナムコンパクタ 1本
・ミニカボチャ 1個
・松かさ(ワイヤー付き) 2個 ※ワイヤー付きがなければワイヤーをつける

●器など
・カボチャに挿す竹串 1本
・フラワーベース:[Henry Dean] Juliette

column61_step1.jpg
アジサイはベースのフチから頭が出る長さにカットし、切り口を縦に切り込み、ベースにいれます。
column61_step2.jpg
カボチャの下から竹串を刺し、アジサイと同じ長さで竹串をカットします。アジサイの左横に入れます。
column61_step3.jpg
ビバーナムコンパクタは、ベースのフチから実が出る長さで、2つ切り分けます。切り口は斜めにします。
column61_step4.jpg
切り分けたビバーナムコンパクタを、1つはカボチャの後ろに、もう1つはカボチャとアジサイの間に入れます。
column61_step5.jpg
松かさは下についているワイヤーを折り曲げて長さを調節し、2箇所に入れたビバーナムコンパクタの間に挿しこんだら完成です。
ヘンリー・ディーンのガラスベースは
オンラインショップでもご購入いただけます

完成!

column61_img2.jpg

カボチャにまっすぐ竹串を挿すと、ヘタが真上を向いて固い印象に。ヘタが傾くように少し斜めに挿すと表情が出てきます。

青山フラワーマーケットYOU TUBEチャンネルでも配信中です。

過去のコラムはこちらから

Festival des arts DAHLIA
Festival des arts DAHLIA
花が色濃くなる秋は、花色鮮やかな「ダリア」の季節。絶妙な色合いと繊細な花びらは見惚れるほど美しく、中には自然のアートと呼ぶにふさわしいルックスとの出会いも。シンプルなグリーンでその魅力を引き立てたら、芸術の秋の幕開けです。
マムの秋色パレット
マムの秋色パレット
近頃人気上昇中の「マム(=菊)」。花のもちがよく、選ぶ色や形次第で、和風にも洋風にもアレンジできるのが特長です。さあ、好きな色のマムを一本づつセレクトして、秋の彩りを楽しみましょう。
オトナノヒマワリ
オトナノヒマワリ
ヒマワリって、元気に咲く姿だけではないんです。シックにも、セクシーにもなれるのです。大胆かつ繊細な筆遣いで描かれた、ゴッホの名画「ヒマワリ」を模写するように飾れば、その魅力が浮き彫りに。ヒマワリの色気を楽しむ、オトナになる夏。

ページトップへ戻る