コラムロゴ

カーネーションのマグアレンジ

今年の母の日はティータイムを演出して、お母さんをもてなしてみませんか。お母さんのお気に入りスイーツと、ニュアンスカラーのカーネーションの簡単アレンジで、テーブルをセッティング。手作りなら、より気持ちが伝わるはず。

column46_img1.png

レシピ

column46_img2.png

●今回用意した花材
・カーネーション / アンティグア 2本
・スカビオサ 1本
・スペアミント 1本
・ヘデラベリー 1本

●器
・吸水性スポンジ(通称・オアシス)
・マグカップ

column46_img3-1.png
スポンジをマグカップのサイズでカットし、水を張った大きめの器に浮かべ、水を吸わせます。押したり上から水をかけたりせず、自然に沈むまで待ちましょう。
column46_img3-2.png
完全に沈んだら取り出して、上にくる面を面取りし、マグカップに入れます。
column46_img3-3.png
ヘデラベリーを、切り口が斜めになるようカットして、手前と後ろにバランスよく挿します。
column46_img3-4.png
カーネーションをヘデラベリーの横に挿します。
手前のカーネーションを少し低くするとバランスがよくなります。
column46_img3-5.png
カーネーションの上に少し乗るようにスカビオサを挿します。
column46_img3-6.png
ミントは先端を少し長めにカットし、カーネーションの間から飛び出すように挿します。残りのミントを短く切り分け、カップのフチを隠すように挿してヘデラベリーの葉で隙間を埋めたら完成です。

完成!

column46_img4.png

スポンジに茎を挿すときは2cmくらい埋まるイメージで。
スポンジが乾いていたら、そっと水をかけて染み込ませます。

青山フラワーマーケットYOU TUBEチャンネルでも配信中です。

過去のコラムはこちらから

bitamin_color_img04
バラとハーブのフレグランスアレンジ
旬を迎えて魅力を増した春のバラの。低温でじっくり育った大きな花姿は格別の美しさです。
バラ本来の甘い香りに爽やかなハーブを重ねたら、芳しい花あしらいの出来上がり。
bitamin_color_img04
ラナンキュラスとジャスミン/すだちの香りいけ
香りがとてもいいことから「香りの王様」とも呼ばれるジャスミンと食卓でもおなじみのすだち。
ラナンキュラスの鮮やかな赤とジャスミン・すだちの緑が美しい花合わせです。
bitamin_color_img04
ミステリアスなパープル
チューリップは、落ち着いた色の変わり咲きをセレクト。実ものやハーブと合わせれば、男性の部屋にも似合うナチュラルで大人っぽい印象に。

ページトップへ戻る