コラムロゴ

ミステリアスなパープル

column41_img1.png

暦の上ではもうすぐ春。春の花の定番・チューリップは、落ち着いた色の変わり咲きを選んで実ものやハーブと合わせれば、男性の部屋にも似合うナチュラルで大人っぽい印象に。ダイニングやキッチンに飾って、爽やかな春の息吹とともに少しずつ近づく暖かな日々を楽しみに過ごしましょう。

column35_img2.jpg

●今回用意した花材
・チューリップ ミステリアスパーロット(パーロット咲き) 3本
・ヘデラベリー 2本
・ミント 2~3本

●器
・ピッチャー

column35_img3

  1. ヘデラベリーをピッチャーの倍の長さにカットし、そそぎ口に沿わせて流れるように活けます。
  2. いちばん長いチューリップをヘデラベリーの先端に合わせた長さで活けます。その際、水につかりそうなチューリップの葉は引き下げるようにしてとりましょう。
  3. 残りのチューリップを、1本は10cm短くして2の奥に沿わせるように、もう1本はさらに短くカットしていちばん手前に活けます。
  4. いちばん短いチューリップの隣に同じ長さにカットしたミントを活け、長めのミントはヘデラベリーと逆方向に流れるように活けます。


ポイント:
植物の流れを大切に、器からこぼれるように活けて春の軽やかさを。
ミントはバランスやボリュームを見て、3本活けても良いでしょう。

column35_img4

チューリップ開花の様子を時間の経過とともに撮影したタイムラプス動画も要チェック!

ページトップへ戻る