コラムロゴ

How to care for flowers
花をより長く、美しく、楽しむために

column1_titel

せっかく買ってきたお花も、すぐにダメになってしまっては残念。
実はお手入れにほんのひと手間加えるだけで、花の持ちは変わってきます。
花をより長く、美しく楽しんでいただくために、
私たちが実践しているお手入れのちょっとしたコツをお伝えします。

■STEP1 まずは準備から

column1_1

(1)花ばさみやフラワーナイフがおすすめ 

花の持ちを良くするためには切れ味のよい刃物でカットすることが大切です。
家にある一般的なハサミ(例えばキッチンバサミや紙切りばさみ)は実はNG。 茎の導管をつぶしてしまい、水がうまく吸えなくなる可能性があります。

column1_2

(2)花器は洗剤で洗いましょう

花器はやわらかいスポンジと洗剤できれいに洗ったものを使用しましょう。
花にバクテリアは大敵です。バクテリアが増えると茎の導管が詰まってしまい水を吸い上げにくくしてしまします。

column1_3

(3)切花鮮度保持剤(フレッシュフラワーフード)が切り札!

花を咲かせるために必要不可欠なものは、清潔な水と栄養分です。
より長く楽しむためには、切花鮮度保持剤(フレッシュフラワーフード)が
特におすすめ。バクテリアの増殖も防ぎ、水をより清潔に保ちます。

column1_4

(4)きれいな水で水切りをしましょう

購入後はできるだけ早く水につけましょう。
ゼリー状の給水材がついている場合は、給水材を洗い流し、キレイな水を張った桶の中で茎を斜めに
カットします。水の中でカットすることで茎に空気が入り込むのを防ぎます。
また斜めに切ることで、断面が広がり、水を吸いやすくさせます。

■STEP2 花活け

column1_5

(5)切花鮮度保持剤(フレッシュフラワーフード)の希釈液を使いましょう

切花栄養剤は水道水で希釈しましょう。
ミネラルウォーターなどは水素イオン濃度が高く植物には不向きです。表示の希釈濃度に従い、
水道水で希釈液を作りましょう。
※フレッシュフラワーフードは切り花用です。鉢物や観葉植物には適さないので、
使用しないでください。

column1_6

(6)葉っぱの処理がポイント!

葉が水に浸かると、バクテリアの繁殖につながるので、水面より下の葉は取りましょう。
余分な葉を取ることで、葉からの蒸散も抑えることができます。

column1_7

(7)直射日光・風の当たらない場所に飾りましょう

直射日光や風の刺激は、切り花を急激に傷めてしまいます。
強い日差しが差し込む窓辺やエアコン・扇風機など風が直接当たらない場所に
飾って楽しんでください。

■STEP3 お手入れ

column1_8

(8)定期的に水の交換と希釈液を足していきましょう

フレッシュフラワーフードの希釈液は、水が白濁したら交換してください。
水が汚れていない場合は、1週間(※)を目安に水を交換してください。
水が減ったら希釈液を足していきましょう。
水道水のみの場合は、2日程度でバクテリアが増殖します
※条件によって異なります。

column1_9

(9)できれば毎日切り戻しを!

切り口を新しくして、水を吸いやすくします。
水足しや水交換のタイミングで茎の先を2cmほどカットしていきましょう。

column1_10

(10)傷んだ部分は早めに除去しましょう

傷んだ葉や花びらなどは、バクテリアの繁殖の原因になり、多量のエチレンガスを放出します。
傷んだ部分を見つけたらすぐに取り除き、腐食を広げないようにしましょう。

【まとめ】

  1. 水に浸かっていない時間を短く。持ち帰ったらなるべく早く花器に移し替えましょう。
  2. 切花鮮度保持剤を使いましょう。バクテリア抑制と栄養補給で水を清潔に保ち、栄養を与えより長く鮮度を保ちます。
  3. 毎日切り戻しをする。切り口を新しくして、水を吸いやすくしてあげましょう。


ちょっとしたお手入れで、花は長持ちします。
いつもの切花にほんのひと手間くわえ、
花のある生活をより長く楽しんでください。

今回紹介したアイテムはオンラインショップからもお求めいただけます。

  1. フラワーシザー
  2. フラワーナイフ
  3. ふきん
  4. フレッシュフラワーフード
  5. レッシュフラワーフード希釈用ピッチャー

その他のケアグッズ商品はこちら

ページトップへ戻る